天然石の効能・効果について

  • 天然石にはそれぞれ素晴らしい効能があると言われています。
  • このページでは、効能をはじめ天然石の鉱物学についてもご紹介!
水色・青系
   運営者より 
  • 色別の項目の分け方は、各運営サイドにより異なります。この7色での分類は、「天然石のお店」を運営しているリアルアート専用となります。
  • また、この他にもたくさんの天然石がございます。
  • 追加などございましたらお気軽にお知らせください。
  • ブレスレット 原石 お問い合わせ
   

天然石効能

スギライト



英名/Sugilite  和名/杉石
硬度/5.5~6.5      結晶の分類/六方晶系
産地/南アフリカ共和国

マンガン鉱の一種で、黒色のブラウンマンガン鉱床中に、細かい粒状の褐色のエジリン(錐輝石」と共に層状で産出されます。
日本の愛媛県岩城島で初めて発見された鉱物です。その後、南アフリカ連邦のケープ州北部のクルマン北西のウェッセル鉱山から紫色の鉱物が発見され同鉱物であると判明しました。
六方晶系の細かい結晶が稀に見られますが、大半は塊状で発見されています。
色は鶯、紫、濃紫色などがあります。
名称の由来/1977年に発見した岩石学者、村上充英氏の師である杉健一教授の名前にちなみ
条痕/しろ
色/紫・ピンクなど
光沢/ガラス
劈開/なし
比重/2.7


一説には、「今世紀中に発見された鉱物の中でも1、2を競う癒す力のある石」と言われています。その力は永久不変の愛を象徴するとされています。
心身の各組織を浄化、活性化する働きがあり、また、その強い心霊的な力で、悪夢や危険から身を守る効果があると言われています。
内なる知恵と洞察力を高めて、普遍的な真理を追究するための力をもたらしてくれるそうです。
細胞の再生を促して心臓を強化する力があり、また、頭痛の治療にも用いられたち言われています。

 

2017年5月21日 | カテゴリー :

ヒマラヤ水晶



英名/Quartz 和名/石英
硬度/7              結晶の分類/三方晶系
産地/インド・ネパール・チベット

代表的なペグマタイト性鉱物で、造岩鉱物の第一にあげられ、各種の岩石中に含まれたり、鉱脈で金属鉱石とともに産出されたりします。
透明結晶石の分類。透明度がないものを『石英』、無色透明のものを『水晶』と呼びます。
結晶は一般的には、六方晶系の柱状結晶体で産し、それらが双晶をなしたものや塊状や粒状、鍾乳状で発見されることもあります。
太古の昔から様々な地域の人々にビーズの装飾品や通貨として用いられ、また、祈祷や儀式あるいは病気治療などの際にも使用されたと言われています。
地球最高のパワースポットとされるヒマラヤ山脈。世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)を誇るヒマラヤ山脈は『地球最後の秘境』とも呼ばれ、その深い歴史ともに、人々の厚く清らかな信仰心を集めています。インドやネパール、チベットなどの神聖なパワースポットが存在するヒマラヤ地帯。そのヒマラヤ山脈から採れるクォーツは別名『ヒマラヤ山魔法の石』と呼ばれ、信仰心の厚い人々はもちろん、チベット密教の高僧たちも大切に身につけているそうです。
名称の由来/ヒマラヤ山脈から採掘される(通常使われるダイナマイトや重機は一切使用せず、すべて手掘りです。)
条痕/白色
色/透明
光沢/ガラス光沢
劈開/なし
比重/2.7


すべてに対しての調和を生み出し、それらを統合、強化して、よりパワフルな力を発揮するように導く力があるとされています。あらゆる面での優れた浄化力があるそうです。
新陳代謝を活発にして細胞の再生を促し、免疫力を高めて体内に蓄積された毒素を排除する力があると言われています。

 

トルマリンレイテッドクォーツ


photo

 

 

 

英名/Tourmalinated Quartz 和名/電気石入り水晶
硬度/7                                           結晶の分類/三方晶系
産地/ブラジル

クォーツ「石英」に黒いトルマリンの針が取り込まれたショール「鉄電気石」の分類にある鉱物です。
成分元素の入り混じった複雑な碓珪酸塩鉱物のグループ名をその主成分差によって5分類されます。
・ドラバイト「苦土電気石」
・ウバイト「石灰苦土電気石」
・エルバイト「リチア電気石」針状は緑色が多い、青色も見られる
・ショール「鉄電気石」針状は黒色が多い
・リディコタイト「リディコート電気石」
トルマリンの名称は、和名はこの鉱物の結晶が上端と下端で異なる異極晶で、加熱すると(+)(-)に帯電することから命名されました。英名はスリランカのシンハリ語のジルコンの呼び名turmaliに由来します。

名称の由来/水晶にトルマリンがインクルージョンしているところ
条痕/白
色/透明~白で黒いトルマリンがインクルージョン
光沢/ガラス
劈開/なし
比重/2.7


 

ダイヤモンド



英名/Diamond  和名/金剛石
硬度/10                     結晶の分類/等軸晶系
産地/南アフリカ

万物中の至宝にして宝石の冠たるものですが、成分は純然たる炭素でグラファイト「石塁」と何ら異ならない鉱物です。
砂鉱をなす他に、キンバレー岩と称される角礫状黒雲母橄欖岩中に血赤色のガーネット「柘榴石」などと共産します。
等軸晶系の八面体、十二面体、六面体の基本結晶体とそれらを組み合わせの各種双晶を示したり、結晶面が湾曲したり形状がゆがんだりと多種の形状で産出します。
色は無色を基準として黄、褐色、青、緑、オレンジ、ピンクなどがあります。

最初に発見されたのは2000年以上前のインドだとされ、それがヨーロッパの国々で見られるようになったのはずっと後のことで、従って「アラビア鉱物書」をはじめ数々の文献にある「アダマス」とは単にこの鉱物ではなく、硬い石を指して言ったものだとされています。
名称の由来/万物最高の硬さのために、ギリシャ語で征服し難しいという意味のa(否定辞)+damazein(征服する)
条痕/無
色/透明~灰、黄、青、ピンクなど
光沢/金剛光沢
劈開/八面体に平行な四方向に完全
比重/3.5


永遠の絆、洗浄無垢を象徴とし、不滅、勝利を導く、潜在能力を引き出す、敵に打ち勝つなどの効果があると言われています。
古くは毒を中和して精神錯乱を防ぐ力があるとされ、新陳代謝を活発にして抵抗力を高める働きがあるとされています。

ファントムクォーツ


英名/Phantom crystal  和名/山入水晶
硬度/7                                    結晶の分類/三方晶系
産地/ブラジル・マダガスカル等々

珪酸を主成分とするクォーツで、透明結晶石のグループに属しています。
別名を「ゴーストクリスタル」とも呼ばれ、透明のロッククリスタル「水晶」中に別個のまたは繰り返しの結晶が見えるものを言います。
ファントムとは幻の意味で透明結晶中にみられる僅かに濃淡の差のある色縞、または色相のかすかに異なる層の繰り返されている状態を指し、成長の周期的な変化による平行的なぼんやりした縦状構造でしばしばその山の表面にはクローライト「緑泥石」が見られます。
このような構造は結晶成長の不連続性によって起こるもので成長過程でその結晶面に平行に生じる累帯構造の大きく現れたものも含まれています。
ここから水晶は錐面の成長の繰り返しで長く伸びるということがわかりました。
バランスのとれた強いエネルギーをもたらす鉱物とされています。
名称の由来/山の幻影を思わせるような年輪模様から
条痕/白
色/透明~白 ファントムによっては緑や赤など
光沢/ガラス光沢
劈開/なし
比重/2.7


潜在能力を引き出しやる気や決断力を高める効果があると言われています。
超能力や霊力、浄化力を強くする働きがあり、洞察力を養って瞑想に用いると短時間で深い瞑想状態に入るとされています。
細胞の再生を促して新陳代謝を活発にし、有害な電磁波や光線の消散作用を高める力があるとされています。

 

ダンビュライト



英名/Danburite  和名/ダンブリ石
硬度/7~7.5               結晶の分類/斜方晶系
産地/アメリカ

スカルン中に産する硼素を含んだ珪酸塩鉱物でしばしばアキシナイト「斧石」などと共産します。
斜方晶系の柱状結晶でその面角や晶相がトパーズとよく似ていますが、底面に劈開がなく、硬度も多少低いので識別が可能です。
色は、無色、白、ピンク、淡黄、濃黄、帯黄褐、褐色などがあります。特に結晶面は光沢が大きく無色で、その透明のものは昔ダイヤモンドの代用品に用いられたそうです。
名称の由来/発見されたアメリカのコネチカット州のDanburyの地名
条痕/白
色/無~白、黄、ピンクなど
光沢/ガラス光沢、脂光沢
劈開/底面に劈開がない
比重/3.0


幅広い知性を授かりたいときに持つと高い効果が得られるとされる鉱物。
理性と感情バランスを保ち、安全性のある理想に近い現実に到達することが可能となり、それを維持していくよう導く力があると言われています。冷静さも養われるそうです。
膀胱に関わる病気の治療に用いられ、体内の老廃物を排除する力もあるとされています。

 

マグネサイト



英名/Magnesite  和名/菱苦土石
硬度/3.5~4.5
産地/オーストラリア、中国

この鉱物は蛇紋岩、橄欖岩、ダン橄欖岩などのマグネシウムに富んだ岩石が炭酸を含んだ水に作用されて変質してできたり、石灰岩がマグネシウムを含む溶液によって交代してできたものなど様々な成因、産状があります。
六方晶系に属しますが、明瞭な結晶は稀で菱面体の結晶で塊状、粒状ないし細粒状、陶器に類するもの、土状ないし多少白堊質、葉片状や繊維状のものがあります。
色は純粋な結晶は無色透明ですが、白、灰白、帯黄、褐色などあります。

名称の由来/元素マグネシウムの語源となったギリシャ語で「マグネシアの石」の意味のマグネーシア・リトス
条痕/白色
明度/透明から半透明
光沢/ガラス光沢、鈍い光沢
劈開/菱面体面に完全
断口/貝殻状から不平坦状


静けさ、平穏、純粋、英知を説く鉱物とされています。
今まで気づかなかった方面に目を向けることができるようになり、その各々の利点を見つけ出して発展させるよう導く力があると言われています。
無限の可能性を授けてくれるそうです。
心筋を強化して血液の循環をよくする働きがあるとされ、様々な病気によるストレスを解消する力があるとされています。

 

サードオニキス



英名/Sardonyx  和名/赤縞瑪瑙
硬度/7
産地/ブラジル

アゲート「瑪瑙」で、赤色と他の色(主に白色や灰色)とが交互に縞目を表したものを言います。
潜晶質縞状の珪酸で、岩石の空隙中に層状に沈殿し、また、その崩壊により塊状で産出されます。
この赤色の部分をカーネリアンと言い、酸化鉄が潜晶質の組織の間に沈殿して赤色になったものです。最近ではこの原理を利用して人工的にアゲートを硝酸鉄溶液に浸してから熱処理して酸化鉄を生じさせる方法で着色したものもあります。
この鉱物の用途は非常に広く、宝飾品はもとより、各種の彫刻材料、ペアリング、印材などに使用されます。
ヒルデガルトの「ヒュシカ(自然学)」やアルベルトゥスの「鉱物書」では、サルドニクスと呼ばれ各々に「人間の五感に力を与える」「無節制を遠ざけ、人間を貞節にし、慎みを深くさせる」と記述されています。また、旧約聖書の「出エジプト記」28章には「ユダヤの高層の胸当てにこの石をつけた」とあります。

名称の由来/産地のサルディス(小アジアにあったリュディア王国の首都)とギリシャ語で爪の意味onyxの合成語です。
条痕/白色
明度/透明のものと不透明なも
光沢/
劈開/なし
断口/不平坦状


古くは黄疸の治療に用いられたとされ、他には膵臓の不調を改善する力があると言われています。
夫婦の幸福、結婚運、愛を象徴し、温かな家族に囲まれながらも個性的な生き方ができ、夫婦和合をもたらす力があると言われています。

リビアングラス



英名/Libyan glass 和名/
硬度/5~6
産地/エジプト

エジプト西部で採れる天然ガラスです。
どのように生成されたかはっきりした事は解明されていませんが、モルダバイトのように宇宙を起源とし、隕石の衝突などで起こった巨大な熱反応によって地表の岩盤の一部を溶かして、偶然出来上がったものだと言う見方が一般的です。内部に鉄やニッケル等の隕石成分が混ざって発見されることもあるそうです。丸い気泡がバラバラに混在している中、溶融時に流れた模様が穏やかであることから、瞬時にしてガラス化したことがわかります。
リビアングラスの生成に起因するクレーターなどが見つかっていない事から実際のところは謎に包まれています。
同じ隕石の落下によって生じた溶融ガラスである、モルダバイト・テクタイトと比べてみると、より大きいですが、脆くて割れやすいので取り扱いに注意が必要です。
ツタンカーメンのお墓から出土したスカラベが、実はカルセドニではなくリビアングラスであったことが分かり話題を呼びました。
古くから非常に珍重され、神秘的に扱われていたとも言われています。
前世から持ち越したカルマを浄化する助けとなり、さらに今生における魂の進むべき道を示してくれます。

名称の由来/
条痕/
明度/
光沢/
劈開/
断口/


持ち主のデルタ波を強く高めるように作用するため、ヒーリングをする際にかかる身体への負荷をかなり軽減してくれるとも言われています。

 

メテオライト(鉄隕石)



英名/Meteorite  和名/鉄隕石
硬度/産地により異なります
産地/産地により異なります

宇宙空間から地球上に飛来到達した個体物質で鉱物の集合体のことを言います。その集合体中から約50種類の鉱物が発見されましたが、その内の十数種が地球上では未発見のもののためにその成因については特定されていません。
種類としては、
・鉄質/ニッケルの含有量によって三種に分類(ヘキサヘドライト、オクタヘドライト、エタクサイト)
・石質(エコンドライト、コンドライト)
・石鉄質(パラサイト)
ナミビアのギベオンで1836年に発見されたものは、主成分が鉄とニッケルで、硬度は9と硬く表面を研磨して薬品処理するとウィットマンシュテッテン構造と呼ばれる美しい結晶パターンが見られます。

名称の由来/ギリシャ語で大気中の減少の意味のmeteoron
条痕/
明度/
光沢/
劈開/
断口/


古くは様々な人々に「神聖なる石」として崇拝されたと言われ、イスラム教のメッカの中心に安置されている聖石もメテオライトだと伝えられています。
地球以外の惑星から発せられる、永遠、理想を表すとされる情報を受け取り、それを解読して自然の理念に基づいた思考となるよう導く力があると言われています。
霊力を高める働きがあるとされています。
熱病および伝染病の蔓延を防ぎ、循環器、血液、腎臓の不調を改善して、目と視力を強化する力があるとされています。

 

› 続きを読む